本文へスキップ

ペットの総合斎場 札幌御嶽神社内

お問い合わせは0120-73-3311

メールinfo@satu-petyasuragi.com

よくあるご質問


Q1.ペットが亡くなった後はどうすればいいですか?

毛布やタオルなどを頭の下に挟んであげて枕にしたり、保冷剤などでお腹周りを冷やしておき、できるだけ涼しい環境に寝かせてあげてください。そして可能であれば硬直する前に目や口を閉じてあげたり、足を曲げてあげてください。

Q2.火葬はいつでもしてもらえますか?


ご火葬は元日、節分を除き毎日朝9時からの予約制となっており、当日予約も可能です。
立会火葬をご希望で予約なくご来園の場合、キャンセル待ちか空き時間までお待ちいただく事になります。

Q3.どのような状態で連れて行けばいいですか?

ご家族がお連れになりやすい状態で構いません。
毛布に包まれてお連れになる方や段ボールやゲージに納めて来られる方もいらっしゃいます。

Q4.車がない(又は道がわからない)ので行くことが難しいのですが・・・

ご希望の方にはご自宅まで市内無料でお迎えにあがります。
また、ご自宅でのお別れでよろしければご遺体のみをお引取りにお伺いさせていただきます。

Q5.火葬時間はどれくらいかかりますか?

ペットの種類・体重により異なりますが、目安として、ご来園からお帰りまでで、
立会火葬の場合、猫や小型犬の場合2時間程、大型犬で3時間程お時間をいただいています。

Q6.好きだった毛布や玩具、食べ物を一緒に火葬することはできますか?

食べ物は少量でしたらご火葬できます。
愛用していた玩具やお洋服、お毛布はスタッフの判断にお任せいただいています。
火葬ができない物は別にしてお焚き上げもできます。

Q7.ペットの葬儀はどの様に行われるのですか?

当園では神職による神葬祭を無料で行なっています。
作法はその都度ご説明しながら祭儀を進めますのでご安心ください。
10分程度になりますが、神職と共に人と変わらずにしっかりご冥福をお祈り致します。

Q8.葬儀のために用意するものはありますか?

可能であればで構いませんが、遺影にする『お写真』や
お供え物にする好きだった『食べ物』、最期にたむける『お花』などのご用意をお願いしています。
お花は当園でもご提供することができます。

Q9.うちはクリスチャン(他宗派)なんですが利用できますか?

ご火葬に宗教・宗派は問いません。
ご家族のご希望に合わせ、直葬(葬儀なし)でもご火葬できますのでご安心ください。

Q10.参列者の服装は?

普段着で大丈夫です。特に指定はいたしません。

Q11.他のペットも一緒に火葬や葬儀はできますか?

もちろん可能です。待合室は他のお客様も出入りがあるので事故にはお気を付けください。
小型犬でしたら待合室にゲージもあります。

Q12.早く火葬してあげたいが家族の休みが合わないんです

ご遺体の痛みが心配であれば、ご家族様ができるだけ集まりやすい日時まで
当園霊安室にて事前にご遺体を無料でお預かりすることもできます。

Q13.連れ帰ったお骨はどうしたらいいですか?

基本的には人間の場合と同じく49日間は自宅で供物や線香、ろうそくでご供養し、ご家族が気持ちの整理がついた頃合いに再度ご来園いただいて合同供養墓碑に埋葬いたします。
当園でご火葬したお骨に関しては埋葬料3,000円で永代埋葬できます。
その他、納骨堂をご利用になったりご家族だけの墓所を建立される方もいます。